profile / live schedule

profile

日吉直行|Naoyuki Hiyoshi 音楽家・ピアニスト・作曲家

f:id:naoyuki0730:20170512142058j:plain

f:id:naoyuki0730:20170512142215j:plain

『皆さん、要注意です。柔和な頼りなさそうなこの顔にだまされないでください。この男、いったん弾かせると「おぬしなかなかの使い手 油断ならぬな」に豹変します。』谷川賢作

1986年、宮崎県延岡市生まれ。神戸大学発達科学部人間表現学科で作曲や即興、音楽学など幅広い音楽理論を中心に学び、2012年に同大学大学院修了。様々な音楽を背景にオリジナル曲を中心としながら、多様な音楽家・アーティストとの共演・共作を通じ、意欲的な創作に取り組んでいる。

2013年、神戸を中心に日吉直行TRIO(日吉直行pf・荒玉哲郎wb・池長一美ds)によるライブシリーズを行い、1st album『into the Air』(TMCD-1003)をタイムマシンレコードよりリリース。2014年、野津昌太郎(ギター)とのデュオによる宮崎ツアー、Office Ohsawa企画によるヨーロッパ・ジャズ・シリーズによる来日アーティストのオープニングアクトを担当。2015年、日吉直行&野津昌太郎『Blinking』(TMCD-1007)をタイムマシンレコードよりリリースし、宮崎ツアーを敢行。また、ソング・エックス・ジャパン主催のジャズ・フェスティバル『JAZZTREFFEN2015』にピアノ・ソロ、デュオで出演。2016年、日吉直行&野津昌太郎デュオによる鹿児島ツアー、自身が主宰する「宇宙と音楽」をテーマにしたユニット『Canopu Ensemble』による小学校講堂や旧グッゲンハイム邸でのライブ企画、「自然や動物・植物」をテーマにしたユニット『fabre's fable』での愛媛・高知・徳島を巡る「四国音泉ツアー」などを行った。2017年、『とうめいTRIO』(宮崎真司gt・水谷浩章wb・日吉直行pf)による宮崎・熊本を巡るライブツアー、AIと即興演奏の可能性についてのトークイベントに参加した。

 

live schedule
【2017.07.29(土)】Naoyuki Hiyoshi Trio(東京・池袋)

f:id:naoyuki0730:20170630161206j:image
f:id:naoyuki0730:20170630161221j:image
日程|2017年7月29日(土)
出演|日吉直行(piano) / 水谷浩章(bass) / 芳垣安洋(drums)
会場|池袋Apple Jump(東京都豊島区西池袋3-33-17東部西池袋サンライトマンションB1)
時間|開場 19:00 開演 20:00 
料金|3000円(要オーダー)
予約|03-5950-0689(Apple Jump)/ naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)

 

【2017.09.22(金)】Duo Live(兵庫・岡本)
日程|2017年9月22日(金)
出演|日吉直行(piano) / 浅井良将(sax)
会場|Born Free(神戸市東灘区岡本2-5-8)
時間|開場19:00 開演19:30
料金|予約¥2000 当日¥2500 学生¥1000
予約|078-441-7796 / bornfreekobe@gmail.com(ボーンフリー)

 

【2017.10.15(日)】日吉直行TRIO(兵庫・岡本)
日程|2017年10月15日(日)
出演|日吉直行(piano) / 白石宣政(bass) / 伊波大輔(drums)
会場|Born Free(神戸市東灘区岡本2-5-8)
時間|開場19:00 開演19:30
料金|予約¥2500 当日¥3000 学生¥1500
予約|078-441-7796 / bornfreekobe@gmail.com(ボーンフリー)

 

【2017.10.29(日)】Piano Solo(兵庫・三宮)
日程|2017年10月29日(日)
出演|日吉直行(piano) / 西島芳(piano)
会場|100BAN STUDIO(神戸市)
時間|開場13:30 開演14:00
料金|未定
予約| naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)

 

【2017.11.11(土)】Duo Live(兵庫・岡本)
日程|2017年11月11日(土)
出演|日吉直行(piano) / 宮崎真司(guitar)
会場|Born Free(神戸市東灘区岡本2-5-8)
時間|開場19:00 開演19:30
料金|予約¥2000 当日¥2500 学生¥1000
予約|078-441-7796 / bornfreekobe@gmail.com(ボーンフリー)

お盆明けは鹿児島へ。

とあるプロジェクトの打ち合わせとその他諸々。宮崎から鹿児島中心街へは意外と時間がかかるのですが、今回訪れた場所は鹿児島と言っても、さすがは山深き九州、自分がどこにいるのかさっぱりわからない。そういえば先月の長野も山深かった。

f:id:naoyuki0730:20170819223250j:image

f:id:naoyuki0730:20170819223307j:image

f:id:naoyuki0730:20170819223319j:image

f:id:naoyuki0730:20170819223329j:image

f:id:naoyuki0730:20170819223340j:image

今年から来年にかけて長野と鹿児島でとある作編曲を担当するのですが、その素材に現地の自然音を使おうと色々と調査。作曲は意外にも机の上のインドアだけではなく、自然の中でのフィールドワークもあります。創作のヒントはたくさん転がっているので、夏休みの自由研究のように楽しんで取り組んでいます◎

荒立神社

毎年のように訪れる地元宮崎県・高千穂の荒立神社。ここには、猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が祀ってありますが、芸事の神様として有名な場所です。

f:id:naoyuki0730:20170813175446j:image
宮崎の神話は実在してたかも非常に怪しいエピソードばかりなのですが(笑)、そんな小さなことには目を瞑って、大きな自然と空気に身を任せることが1番宮崎らしいかなと思います。
願いが叶おうと叶うまいと、芸事に携わる身としては小さなことに振り回されず、これからも大きな視点で取り組んでいけたら、と思います。

東京から長野へ。

大学時代の同級生仁科賢人くんと映像作品の打ち合わせのため、長野へとお邪魔しました。にしなのご両親、まなみさんやすーちゃん、のぶくんと楽しい時間を過ごして、2日連続のサプライズをしていただくというなんとも贅沢な1日を過ごさせていただきました。

翌日は松本に移動して色々なところを見て回りました。学生時代を経て一回りしてから一緒に作品作りをすることができる嬉しさ。でも考え方も経験も昔よりはお互いに成長してきた中で何が作れるか。うーん。
その中でにしながテレビの特集で密着取材した詩人のウチダゴウさんとお会いしました。詩人で今は松本在住。アイルランドに住んで詩を書いたり、即興的な音楽と詩の朗読のコラボをしたり、文字を放棄して絵で詩を表現したり、非常に楽しい方でした。東京という中心には住まずに各地と距離のバランスを取りながら創作活動をするスタンスにとても興味が湧いて、取材じゃないのにたくさん質問しちゃいました。また先日東京でお世話になったアイレアメノの雨宮さんとの関係も深く、ご縁は繋がるものだとしみじみ感じた一日でした。最後に谷川俊太郎さんの詩の前でパシャリ。

f:id:naoyuki0730:20170731211452j:image

f:id:naoyuki0730:20170731211501j:image