profile / live schedule

profile

日吉直行|Naoyuki Hiyoshi 音楽家(ピアノ・作曲・編曲)

f:id:naoyuki0730:20170512142058j:plain

f:id:naoyuki0730:20170512142215j:plain

『皆さん、要注意です。柔和な頼りなさそうなこの顔にだまされないでください。この男、いったん弾かせると「おぬしなかなかの使い手 油断ならぬな」に豹変します。』谷川賢作

1986年、宮崎県延岡市生まれ。神戸大学発達科学部人間表現学科一期生として、即興にまつわる研究を中心に現代音楽や音楽学などの分野を学びつつ、2012年に同大学大学院修了。様々な音楽を背景にオリジナル曲を中心としながら、多様な音楽家・アーティストとの共演・共作を通じ、意欲的な創作に取り組んでいる。

2013年、神戸にて日吉直行TRIO(荒玉哲郎wb・池長一美ds)によるライブシリーズを行い、『into the Air』(TMCD-1003)をTime Machine Recordよりリリース。2014年、野津昌太郎(ギター)とのデュオによる宮崎ツアー、Office Ohsawa企画によるヨーロッパ・ジャズ・シリーズによる来日アーティストのオープニングアクトを担当。2015年、日吉直行&野津昌太郎『Blinking』(TMCD-1007)をリリースし、宮崎ツアーを敢行。また、ソング・エックス・ジャパン主催のジャズ・フェスティバル『JAZZTREFFEN2015』にピアノソロ、デュオで出演。2016年、日吉直行&野津昌太郎による鹿児島ツアー、「宇宙と音楽」をテーマにしたユニット『Canopu Ensemble』による旧小学校講堂や旧グッゲンハイム邸でのライブ企画、「自然・動物・植物」をテーマにしたユニット『fabre's fable』(白石翠vocal、白石宣政bass、白石美徳drums)での愛媛・高知・徳島を巡る「四国音泉ツアー」などを行った。2017年、『とうめいTRIO』(宮崎真司guitar・水谷浩章bass)による宮崎・熊本を巡るライブツアー、AIと即興演奏の可能性についてのトークイベントに参加。

現在、主に神戸でピアノソロを軸に様々な編成で、東京ではピアノトリオ(芳垣安洋drums・水谷裕章bass)を中心に演奏活動している。また作編曲活動としては、TOKUDA企画とともに鹿児島県内の小中高の校歌の編曲やCD制作のための作曲活動を展開しており、京都府桂川にあるカメラマン夫婦の写真スタジオ The Photogragh Umoreでの結婚式音楽のプロデュースなども行っている。

 

Live Schedule

【Naoyuki Hiyoshi Trio】(東京・池袋)

日程|2018年1月7日(日)
出演|日吉直行(piano) / 水谷浩章(bass) / 芳垣安洋(drums)
会場|Apple Jump(東京都豊島区西池袋3-33-17東武西池袋サンライトマンションB1)
時間|開場18:30 / 開演19:00 

料金|3000円(要オーダー)
予約|03-5950-0689(AppleJump)/ naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)
 

【Solo】(鹿児島)

日程|2018年1月20日(土)
出演|日吉直行(piano)
会場|M's Space()
時間|開場 / 開演 

料金|未定
予約|(M's Space)/ naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)
 
【Duo】(兵庫・三宮)
日程|2018年2月21日(水)
出演|浅井良将(sax) / 日吉直行(piano)
会場|100BANホール神戸市中央区江戸町100番地)
時間|おひる
料金|無料?
予約|078-331-1728(100BAN STUDIO)
 
【Naoyuki Hiyoshi Quartet】(兵庫・三宮)
日程|2018年2月25日(日)
出演|日吉直行(piano) / 浅井良将(sax) / 白石宣政(bass) / 伊波大輔(drums)
会場|100BANホール神戸市中央区江戸町100番地)
時間|開場13:30 開演14:00
料金|未定
予約|078-331-1728(100BAN STUDIO) / naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)

12/14 レコーディング

昨日は三宮の100BANホールをお借りして、僕が作編曲・演奏で携わっているプロジェクトのレコーディングをしました。メンバーは、日吉直行(piano) 白石宣政(bass) 伊波大輔(drums)のTrio。

f:id:naoyuki0730:20171215151105j:image

曲は1分以内のものから、即興を交えたものまで。信頼安心のメンバーなので、ほぼ1,2テイクで順調に終了。録音は、最近また新しいマイクロホンを導入して日々研究に余念がない五島さんにお願いしました。

f:id:naoyuki0730:20171215151138j:image

終了後、立ち会ってくださったピアニスト李さんと五島さんとスタジオ徒歩圏内組でかる~く打ち上げ。李さんとは今年ご縁があって同じピアニストで年齢も家も近いことから、いつもアツい打ち合わせをさせていただいております。100BANスタジオでの企画は来年色々と考えているのですが、ここにスタンウェイのBがあることや立地とスタジオの雰囲気を生かさない手はないので、ただの理想論だけではなくシビアな視点も忘れずに、ポジティブにあーだこーだ意見交換させていただきました◎とにかく李さんのバランス感覚が素晴らしい!とっても良い時間でした。

f:id:naoyuki0730:20171215151122j:image

12/10 日吉直行+藤井美智+水谷浩章

今回水谷さんが「一人旅」ツアーで西日本に来ることが決まって、すぐイメージしたのが藤井美智さんとのトリオでした。それぞれの共演はありますが、3人そろっての演奏は今までなかったし、トランペット+ピアノ+ベースという編成でこのメンバーなら興味深いサウンドになるのではないかというのがそもそものきっかけでした。

f:id:naoyuki0730:20171213155225j:image

演奏中の水谷さんの息遣いと世界観にサムライのような美智さんの立ち振る舞いとスーッと流れていく歌い方にはとても刺激され多くの収穫がありました。

f:id:naoyuki0730:20171213155520j:image

選曲としては「月」や「鳥」をモチーフに、Pascoalの「As Marianas」や賢作さんのレコーディングのために書いた曲「Birds in the Sea」などを初めて取り上げてみました。また僕のオリジナル曲「Birds in the Sea」は5拍子、「foss」は11拍子、「海のピエロ」は13拍子と7拍子といったように最近取り組んでいる「鳥」の曲は変拍子が多くなっています。今書いている曲なんかは17拍子や7連符を主体にしたこれまで取り組んだことのない拍子感覚ですが、「変拍子で複雑なことをやろう」といった変拍子での複雑な演奏が目的ではなく、あくまで鳥の予測不可能な動きや同調性、そして自然を舞台に歌うような鳴き声や民主的な象徴としての「鳥」を表現していくためのもの。「鳥」を通していろんなことを表現することが目的でもあります。お二人には短いリハではありましたが本番と合わせてそれを感じ取っていただけたと思うし、大きく広げてもらったと思います。

f:id:naoyuki0730:20171213155240j:image
f:id:naoyuki0730:20171213155253j:image
f:id:naoyuki0730:20171213155321j:image

f:id:naoyuki0730:20171213155344j:image

美智さんとはデュオでの演奏を考えていて、水谷さんは年明け早々芳垣さんとのトリオを予定しています。特に水谷さんには今回うちに泊まっていただいて、楽しい時間を過ごさせていただきました◎なぜ一人旅を始めたのかという話から、これからの時代の音楽活動についての話にもなりました。そういえば、先月ご一緒した宮崎君とも非常に似た話になったのをよく覚えています。9月からBornFreeでの毎月ライブとaire amenoでのソロライブ、かおりさんとの対バンなど、特にここ3・4か月は共演者の皆さんに大きく広げていただきました。特にBornFreeの大塚ママさんには、集客の良いときも芳しくないときも変わらず自分の音楽を作ることを理解してもらい、感謝してもしきれませんー。また来年もよろしくお願いいたします!

 

セットリスト
1st
1.Blinking(日吉直行)
2.はばたき(日吉直行)
3.月廻りの歌(日吉直行)
4.The Moon's A Harsh Mistress(Jimmy Webb)
5.月の映画館(日吉直行)

2nd
1.Birds in the Sea(日吉直行)
2.a Fala da Paixão(Egberto Gismonti)
3.foss(日吉直行)
4.海のピエロ(日吉直行)
5.unravel(Björk)
en.As Marianas(Hermeto Pascoal)

今週は鹿児島県へ。

先週訪れた長野とは打って変わって夏のような暑さ。12月を目前にしたこの時期に半袖のTOKUDA企画の徳田さん。今年の夏と同様長野→鹿児島と移動して色々とやり取りをしてきたことを形にする貴重な期間。今回は地元の名物先生が作曲された歌をもとにしたCDを制作する予定で作編曲に僕が携わっています。

初日は鹿児島在住のアナウンサーさんがいらして制作CDの歌のレコーディング。4番まで歌詞のある壮大な曲をなんとか録り終えて一段落。次の日は鹿児島で演奏していただいている島津さんと共に阿久根市へ移動し、小学校の凄いきれいな講堂で徳田さんのリコーダーとのデュオで小中学生と地元の人たちの前で演奏。ただ有名な曲を演奏するだけでなく、アレンジをしながら1曲1曲丁寧に。ピアノソロも1曲演奏させていただきました。音楽の先生たちは個性たっぷりな方たちばかりで、楽しい時間を過ごさせていただきました。公演もすごく好評で来年はさらに演奏機会もきまっており増えていきそうです◎
f:id:naoyuki0730:20171129155750j:image

 

 

f:id:naoyuki0730:20171129155827j:image
f:id:naoyuki0730:20171129155833j:image

その後、美味しいお魚の海鮮丼を食べて、みかんの販売を手伝っている猫ちゃんのいるふるさと市場でかわいさに負けてみかんを購入。
f:id:naoyuki0730:20171129160132j:image

f:id:naoyuki0730:20171129160155j:image

そしてCD制作で使う予定の自然の音を採集しに山へフィールドワークへ。音楽家の野村誠さんは「作曲は机の上でするデスクワークと実際に自然の中に身を投じるフィールドワークがある」と言っており、今回は自然の中で採集した音素材をもとにサウンドスケープ的なテイクも収録予定です。最終日の今日は徳田邸でプチレコーディングをし、これから地元の宮崎へ帰ります。非常に充実した滞在になりました◎

昨日今日と長野県は松本市へ。

松本に来るのは2回目ですが、すでに住みたいくらい。大きい街ではないですが、文化的な街でもあり作家さんもたくさんいるのですごく魅力的。今回は主に映像作品の曲作りと音撮りのためですが、大学から夢を語り合ってきた仁科くんと一緒に仕事をする特別な時間です。彼とは学生の頃に新江ノ島水族館のアニメーション制作で一緒に携わったことがありますが、お互いの今の感覚で取り組むのはまた違ってとても新鮮です。早速市内の「栞日」というカフェへ。

f:id:naoyuki0730:20171126152851j:image

ここは詩人ウチダゴウさんが関わっている場所でもあり、珍しい本に囲まれながらお茶したり、1階で作品展示販売をしてる作家さんもいたりと、古い建物をリノベーションした素敵なお店です。なんとピアノが置いてあったので弾かせて頂いたところ…潤沢な音空間でびっくり!

f:id:naoyuki0730:20171126152913j:image

箱全体が楽器のような空間で生音の演奏にはもってこい。お店の空気から思いつく曲を3曲ほど演奏させていただきました。ぜひ来年にはライブをしたいと思っています。その後仁科家にてみんなで恒例の会合。まなみさんはいつも明るくて素敵で、特にすーちゃんなんか3歳とはほんとに思えない語彙力でびっくりするばかり。夜中はご両親を中心に仁科家の洗礼を受けつつ、自分の日々考えていることやこれからの話、大学時代の話、そしてお母さんの素敵なツッコミとお父さんの涙まで。

f:id:naoyuki0730:20171126153000j:image

 今朝は仁科くんが毎朝狩猟をしている現場へ同行。

f:id:naoyuki0730:20171126153020j:image

彼の銃の使い方がとてもうまくあっという間にカモが一匹とれました。カモはこのあと調理されるわけですが、命あるものを人間が受け取る瞬間でもあり、自然との繋がりがすぐそばにある日常はとても尊い。しかも決してきれい事だけではないのがいい。渡り鳥をテーマにしている最近ですが、とても貴重な体験ができました。そしてお昼はジビエ料理で鹿のお肉を頂きました。今日1度神戸へ戻って、明日からは鹿児島です!