profile / live schedule

profile

日吉直行|Naoyuki Hiyoshi 音楽家(ピアノ・作曲・編曲)

f:id:naoyuki0730:20170512142058j:plain

f:id:naoyuki0730:20170512142215j:plain

『皆さん、要注意です。柔和な頼りなさそうなこの顔にだまされないでください。この男、いったん弾かせると「おぬしなかなかの使い手 油断ならぬな」に豹変します。』谷川賢作

1986年、宮崎県延岡市生まれ。神戸大学発達科学部人間表現学科一期生として、即興にまつわる研究を中心に現代音楽や音楽学などの分野を学びつつ、2012年に同大学大学院修了。様々な音楽を背景にオリジナル曲を中心としながら、多様な音楽家・アーティストとの共演・共作を通じ、意欲的な創作に取り組んでいる。

2013年、神戸にて日吉直行TRIO(荒玉哲郎wb・池長一美ds)によるライブシリーズを行い、『into the Air』(TMCD-1003)をTime Machine Recordよりリリース。2014年、野津昌太郎(ギター)とのデュオによる宮崎ツアー、Office Ohsawa企画によるヨーロッパ・ジャズ・シリーズによる来日アーティストのオープニングアクトを担当。2015年、日吉直行&野津昌太郎『Blinking』(TMCD-1007)をリリースし、宮崎ツアーを敢行。また、ソング・エックス・ジャパン主催のジャズ・フェスティバル『JAZZTREFFEN2015』にピアノ・ソロ、デュオで出演。2016年、日吉直行&野津昌太郎による鹿児島ツアー、「宇宙と音楽」をテーマにしたユニット『Canopu Ensemble』による旧小学校講堂や旧グッゲンハイム邸でのライブ企画、「自然・動物・植物」をテーマにしたユニット『fabre's fable』(白石翠vocal、白石宣政bass、白石美徳drums)での愛媛・高知・徳島を巡る「四国音泉ツアー」などを行った。2017年、『とうめいTRIO』(宮崎真司guitar・水谷浩章bass)による宮崎・熊本を巡るライブツアー、AIと即興演奏の可能性についてのトークイベントに参加。

現在、主に神戸でピアノソロやデュオ(浅井良将sax)など、東京ではピアノトリオ(芳垣安洋drums・水谷裕章bass)を中心に演奏活動している。また作編曲活動としては、TOKUDA企画とともに鹿児島県内の小中高の校歌を編曲したりCD制作のための作曲活動を展開しており、京都府桂川にあるカメラマン夫婦の写真スタジオ The Photogragh Umoreでの結婚式音楽のプロデュースなども行っている。

 

Live Schedule

【TRIO LIVE】(兵庫・岡本)
日程|2017年12月10日(日)
出演|藤井美智(Trumpet) / 水谷浩章(bass) / 日吉直行(piano)
会場|Born Free(神戸市東灘区岡本2-5-8)
時間|開場19:00 開演19:30
料金|予約¥2500 当日¥3000 学生¥1500
予約|078-441-7796 / bornfreekobe@gmail.com(ボーンフリー)

 

【Naoyuki Hiyoshi Trio】(東京・池袋)
日程|2018年1月7日(日)
出演|日吉直行(piano) / 水谷浩章(bass) / 芳垣安洋(drums)
会場|Apple Jump(東京都豊島区西池袋3-33-17東武西池袋サンライトマンションB1)
時間|開場18:30 / 開演19:00 

料金|3000円(要オーダー)
予約|03-5950-0689(AppleJump)/ naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)
 
【Naoyuki Hiyoshi Quartet】(兵庫・三宮)
日程|2018年2月25日(日)
出演|日吉直行(piano) / 浅井良将(sax) / 白石宣政(bass) / 伊波大輔(drums)
会場|100BANホール神戸市中央区江戸町100番地)
時間|開場13:30 開演14:00
料金|未定
予約|078-331-1728(100BAN STUDIO) / naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)

根無し草世代

先週土曜日は、熊本からやってきた宮崎くんとのライブでした。今年4月に初めて出会ってからデュオもする機会があればと思っていたところ実現したライブで、前日まで東京でライブをしていた彼を神戸に迎えて、入り時間までお茶を。九州に住みながら東京や関西でもボーダー関係なく演奏活動をするスタイルは住んでいるところは違えども僕も同じ感覚を持っていて、お互い口では「適当」と言いながらもそれぞれそこに関しては結構アツい信念があり、それを信じてお互い音楽活動をしている気がします。将来の音楽活動についてもどういうキャリアを重ねていくかについても非常に近い感覚を持っているなぁと改めて思いました。違うって言うかもしれないけれど(笑)。f:id:naoyuki0730:20171113173123j:plain

ライブでは、1stセットがお互いのソロ演奏を、2ndにデュオ演奏をという構成。もともと彼のソロ演奏のファンなので今回どうしても組み込みたかったのと、彼の音からは未来の音が聞こえてくると思っているのでそこに挑みたいというのが今回の僕の狙い。サウンドチェック前のコミュニケーションも非常に効いた気もしますが、即興の捉え方、譜面の壊し方、ハーモニー感覚、リズムの感覚など、お互い言うことなく演奏中にコミュニケートしながら感じていくのがとても心地よかった。 

f:id:naoyuki0730:20171113173248j:plain

もう一つ嬉しかったのは、ライブには高校の先輩の諏訪園さんも駆け付けてくれて、宮崎大学ジャズ研卒業の方とも交流ができました。関西で宮崎関係者と接する機会がかさいさんとこの前の外山さんぐらいと言ってもいいほどなので(笑)とっても嬉しいし、またこの宮崎大学ジャズ研の方の耳はとっても肥えているなぁと感じました。それもそのはずなんですが、水谷さんや外山さん、林さん、坂田さん、板橋さんなどそうそうたるメンバーとの交流が学生時代からある人たちで、日本でそういう環境を聞いたことが無いくらい羨ましい場所だったんだなぁと。結局朝の5時くらいまでアツすぎる話をしてお別れしましたが、こうやってぐるぐる繋がっていくんだなぁと。彼との出会いはまさに水谷さんなくては実現しなかったし、離れていた地元宮崎との距離が縮まっていく感じがしてならないです。ここに関しては結構悩んでいて、まだ答えを出さないというか出す気が無かったのですが、背中を押された気もする。来年は今年よりも演奏機会が増えるだろうし、身体的にも感覚的にもどんどんボーダーレス化していく気がするので、健康に気を付けながら切磋琢磨していきたい。やっぱり僕らは「根無し草世代」なんではなかろうか。

f:id:naoyuki0730:20171113173316j:plain

セットリスト
1st Solo
1.Landscape and Goat(宮崎真司)
2.はばたき(日吉直行)
3.月を掘る犬(宮崎真司)
4.海のピエロ(日吉直行)

2nd Duo
1.Close, softly(宮崎真司)
2.Blinking(日吉直行)
3.Glass to see the world(宮崎真司)
4.月の映画館(日吉直行)
5.unravel(Björk

f:id:naoyuki0730:20171114143825j:image

f:id:naoyuki0730:20171114143853j:image

今週末、熊本県から宮崎君がやってきます!

彼と初めてお会いしたのは、今年の4月。水谷さんが宮崎で演奏する機会があった時にご紹介していただいて、同い年で九州で活動、そしてジャズや現代音楽に詳しくインプロを中心に活動するというのもあり、楽しくいろんな話をしながら演奏していた記憶があります。初めに彼と話をしたのは確かギタリスト Ben Monderのことだった気がします。かなり現代的なアプローチをする彼のソロがとっても良くて、HPで何回も聴きました~。ぜひご覧ください◎
https://shinjimiyazaki.com/
最近は、昨日同郷だと判明した外山さんと一緒に演奏されたり、水谷さんや栗田さんといったメンバーと一緒に演奏しており、東京のツアーからこちらに立ち寄っていただきます。今週の土曜に岡本Born Freeで演奏しますが、お互いのSolo演奏+Duo演奏という形で、オリジナルと即興がメインです。久しぶりの再会と演奏とても楽しみです!

Solo&Duo Live(兵庫・岡本)
日程|2017年11月11日(土)
出演|宮崎真司(guitar) / 日吉直行(piano)
会場|Born Free(神戸市東灘区岡本2-5-8)
時間|開場19:00 開演19:30
料金|予約¥2000 当日¥2500 学生¥1000
予約|078-441-7796 / bornfreekobe@gmail.com(ボーンフリー)

先週のピアノソロ。

先週は東京堀切菖蒲園aire amenoにてピアノソロでした。暴風雨の中、お越しくださった皆様、ありがとうございました。感謝しかありません!(明日もまた暴風雨な気がしないでも無い…)

f:id:naoyuki0730:20171028191705j:image

f:id:naoyuki0730:20171028191720j:image

f:id:naoyuki0730:20171028191739j:image

f:id:naoyuki0730:20171028191753j:image

f:id:naoyuki0730:20171028191809j:image
f:id:naoyuki0730:20171028191828j:image

f:id:naoyuki0730:20171028191844j:image

雨宮さんご夫妻とは今回コミュニケーションも深くとれて、気持ちの面でより一層共有できたものがあったと思います。お店の成り立ちや人との繋がりも垣間見れて、これから色んなものを一緒に作っていくのが楽しみです。今回はピアノソロということでいつものメンバーへのディレクションが無く、曲も全て覚えているので、とっても楽に演奏に入れました。演奏中はずっと雨音を聴きながら。aire amenoの音空間は録音してくれた五島さん曰く、まるで「ピアノの中にいる」ような響き。音源を聴いても、アップライトピアノとは思えない(グランドピアノともまた違う)響きで、とってもよかった。曲はオリジナル曲とカバー曲の半半くらい、やっぱり雨音を聴きながらだといつもとは違う演奏になりました。今年の夏から本格的に向き合ってきているピアノソロですが、同じテーマで追求しているピアノトリオと互いに刺激し合いながら曲も経験も積み重ねて来ています。今精神的にも音楽的にもとってもいい状態が続いていて、このまま今年は配信を、来年にはアルバムを2枚レコーディングする予定までたどり着きそうです。東京滞在中ずっと頭の中に残っていたコトバ、「根無し草」。谷川俊太郎さんがそうおっしゃったそうで、ネガティブなイメージがあるこの言葉はとある会話の中で登場したのですが、むしろポジティブな意味でとても印象に残り、頭から離れなくなりました。自分の創る音楽や哲学はトラディショナルな部分ではないので、根無し草のように彼方此方を転々とします。大学で音楽を研究するようになると「自分が今作る音楽とは何か?」と自問自答を続けていき、これでいいのか?と思ったり、これでいい!と思ったりを繰り返して、ようやく少しずつ向き合うものが見えてきた今、この言葉は僕には大きな意味を持つ存在として目の前に現れました。何だかとってもデカイものを受け取りました。

セットリスト
1st
1.Beatriz(Edu Lobo, Chico Buarque)
2.はばたき
3.Palhaço(Egberto Gismonti
4.7 Anéis(Egberto Gismonti
5.水面鏡
6.Amstel(Nils Okland)

2nd
1.Blinking
2.MABOROSHI
3.Polyversal〜海のピエロ
4.The Moon's A Harsh Mistress(Jimmy Webb)
5.Capricho de Espanha(Hamilton de Hollanda)
6.unravel(Björk

encore
1.あめ(クラムボン
2.中央線(THE BOOM)with 雨宮愛さん

今週末

日曜お昼から神戸・三宮100BANホールにて、ピアノソロライブがあります。音楽家 西島芳さんとそれぞれ1時間の演奏を予定しています。なかなか同時に二人のピアニストが出演する事はないですし、共にとても楽しみにしているライブでもあります。どうぞよろしくお願いします!

 f:id:naoyuki0730:20171027175104j:image

f:id:naoyuki0730:20171027175120j:image

【2017年10月29日(日)】『1029』(兵庫・三宮)
出演|西島芳(piano) / 日吉直行(piano)
会場|100BANホール(神戸市中央区江戸町100番地)http://www.100ban.jp/studio/
時間|開場13:30 開演14:00
料金|¥2500
予約|078-331-1728(100BAN STUDIO) / naoyukihiyoshi0730@gmail.com(日吉)