2017年2月1日 CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~

 3月4日、5日と2日にわたり僕が主宰するアンサンブル CANOPU ENSEMBLE のライブが決まりました!4日は初出演になる岡山・城下公会堂にて5人編成、5日は神戸・青谷音楽堂にて7人編成で、僕が作編曲した曲+メンバーのオリジナル曲で公演を行います。

今回のテーマは「時間」です。音楽は時間芸術とも言われるように、時間と密接な関係があります。このアンサンブルユニットは「宇宙と音楽」をテーマにしており、宇宙にも音楽にも存在する(存在しない)「時間」を音楽で表現していこうというのが今回のライブの主題です。チラシは、今回もすばらしいナカガワノンさん。新キャラ、カノープおじさん登場です。

 

『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』
―星の欠片で星を作るように、音のモチーフを拾い集めて音楽を作る―
CANOPU ENSEMBLE(カノープ・アンサンブル)とは、星の名前の「Canopus(カノープス)」とドビュッシー作曲の「Canope(エジブトの骨壺)」という曲に由来しており、神戸在住の音楽家 日吉直行が主宰する声を主体とした意欲的なアンサンブルユニット。「宇宙と音楽」をテーマに、積極的な作曲・編曲・ライブ企画を行っている。2014年6月から東京・関西を中心に活動し、神戸・塩屋の洋館、旧グッゲンハイム邸でのライブを敢行。2016年7月には2人の声・管楽器・打楽器・ギター・ベース・ピアノの7人編成による「夏の音楽会」を開催。今回は「春の音楽会」と題して、岡山・城下公会堂と神戸・青谷音楽堂にてライブを開催する。

 

【2017.03.04(土)】『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』

f:id:naoyuki0730:20170124155402j:plain

f:id:naoyuki0730:20170124155436j:plain

出演|piano 日吉直行 / vocal 白石翠 / guitar 野津昌太郎 / bass 白石宣政 / percussion ユカポン
会場|城下公会堂
(〒700-0814 岡山県岡山市北区神町10−16 城下ビル 1F)
時間|open19:00 start19:30
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000(drink別)

 

【2017.03.05(日)】『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』
出演|piano 日吉直行 / vocal 白石翠 / sax 大石俊太郎 / bass clarinet 八巻志帆 / guitar 野津昌太郎 / bass 白石宣政 / percussion ユカポン
会場|青谷音楽堂
(〒657-0823 兵庫県神戸市灘区天城通8丁目5-19)
時間|open15:30 start16:00
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000(drink別)

2017年1月31日

今週金曜日に迫ってまいりました~
CANOPU ENSEMBLEという僕のユニットでやっている曲を中心に新曲も加えて、TRIO編成にてお届けします。TRIOで演奏するのは初めてかと思います~。
また、チラシを作ってくださったvocalの白石翠さんも加わっていただくことになり、後半は4人で演奏します。同世代+水谷さんという構図でどうなるか?!とても楽しみです◎
 
『日吉直行 CANOPU TRIO』
日時|2017.02.03.Friday
出演|piano.日吉直行 bass.水谷浩章 percussion.ユカポン
ゲスト:vocal.白石翠
場所|青谷音楽堂(兵庫・王子公園)
時間|19:00open 19:30start
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000

f:id:naoyuki0730:20170124155239j:plain

2017年1月27日 校歌レコーディング。

本日はBornFreeをお借りして、レコーディングでした。
とある中学校の校歌をアレンジするお話をいただき、今回ピアノソロで弾きました。
f:id:naoyuki0730:20170127202753j:plain
校歌と言っても、和音がなく、拍子がコロコロ代わり、フレーズの文法もワケわからず、といった一筋縄でない、「子供たちはどうやって歌うんだ?」というような楽譜を送っていただきました。
もちろん、それ故の自由さや取り組む価値に溢れているのですが、結構難しかった…

初めは、楽譜もきちんとアレンジしたものを弾いたのですが、あまりしっくり来ず、どんどん楽譜から離れていって、最後には楽譜を放棄して弾きました(もちろんきちんとしたフォームのものも弾きました)。

楽譜から離れていく過程で、音楽の文法も徐々に理解できてきたし、それよりも歌心がまず第一ですから、その音楽を肯定しつつ自分の素直な表現で解釈させていただきました。

今年はピアノソロに力をいれるので、その意味でも、とても実りのあるレコーディングでした◎

録音の五島さん、場所を貸してくださったボーンフリーの大塚さん、ありがとうございました。

2017年1月24日

約2週間後に迫った2/3の青谷音楽堂のライブに向けて、曲作りなど進めています。
今回、チラシ(主にWEB用)は、僕のプロジェクトでも共演していただいている白石翠さんにお願いしたところ、べルギーブリュッセル在住の写真家Amelie Berton(アメリー バートン)さんとの作品を送ってくださいました。翠さんが色鉛筆で描いた月に、アメリ―の写真。月をモチーフに、予想もしない作品になりました。

f:id:naoyuki0730:20170124155239j:plain

 以下、翠さんからの紹介コメントをいただいてます。
--------------------------------------------------------------------------------------------
独学でテクニックを磨きながら、次々に新しい作品を製作しています。
彼女の感性が爆発しているPersonal、モデルの体温までも感じられるPortrait
覗いてみてください。ちなみにJaponaiseieに三年前のわたしもいます。
http://amelieberton.com
--------------------------------------------------------------------------------------------
そういえば、大学で音楽を研究したり議論したりする際に、フェミニンというワードがよく登場していました。例えば、音楽をジェンダーという視点から捉え直すと、クラシック音楽の中では特に「男性中心文化」や「同性愛」といった側面が浮かび上がってくる一方で、ポップスでは、「ボーカル・オーソリティ」という、どうして女性ボーカリストは権力を持ったのか?という刺激的な(!)問いもあったりします。
そういう意味でこれからの音楽を考えていくのに、新しい視点を与えてくれるキーワードでもあるし、今回のチラシや彼女のサイトから、そういった部分をもう一度見直しています◎(曲作りに活かされるかどうかはわかりません)
最近特に写真家のお友達も増えてきて、写真との距離もぐっと近づいてきたんですが、どの瞬間を「切り取る」のか、音楽との共通点も多く、芸術的な距離も近いんではないかと思うようになってきました。今後の活動に活かせる部分がないかなぁと考えているこの頃です。

『日吉直行 CANOPU TRIO』
日時|2017.02.03.Friday
出演|piano.日吉直行 bass.水谷浩章 percussion.ユカポン
場所|青谷音楽堂(兵庫・王子公園)http://www.masakohamamura.com/aotaniaccess.htm
時間|19:00open 19:30start
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000

イベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/1888002824765624/?ti=cl

日曜はお昼のライブ。

今週末のライブは、こちら。

f:id:naoyuki0730:20170108174611j:plain

【2017.01.15(日)】『ハバタキト、マバタキト、マボロシト』
出演|keyboard 日吉直行 / guitar他 野津昌太郎
会場|カフェ ハル(兵庫・西元町)

時間|open12:30 start13:00
料金|チップ制

 

カフェハルさんは、神戸の西元町にある、ゆったりとしたカフェ。

よく足を運ぶのですが、とても穏やかな空間です。僕のCDもかけていただいてます。

今回のテーマは『ハバタキト、マバタキト、マボロシト』。抽象的な言葉が並んでますが、僕が作曲した「はばたき」と「まばたき」と「まぼろし」という曲がもとになっています。

これらのどの曲にも、ある瞬間瞬間を切り取ったような「雰囲気」を表現する、という共通したテーマがあり、デュオのCDのコンセプトでもあります。ハルでは、その雰囲気が出せるのではないかと、楽しみにしています。